一般歯科

一般歯科と予防歯科と違い

結論から言いますと、一般歯科は「歯の診療や治療」、予防歯科では「虫歯や歯周病の予防」を専門外来とした診療ということになりますが、はっきりとした線引きがないのが特徴と言ってもよいでしょう。
保険診療として受診できる一般歯科ですが、歯の様々な症状や状態では自由診療(インプラントや審美歯科、矯正歯科)となります。患者様の歯の状態や診査し最適な治療方法をご提案し、いつまでも自分の歯を保てるよう歯の健康のお手伝いをさせていただきます。
又、予防歯科では病気の進行に応じた治療を含め、病気の段階から健康レベルへ良い方向へ導かせる目的としえております。

歯の定期検診で歯周病予防を

歯周病(歯槽膿漏)は、歯周組織(歯を支えている歯肉・骨)の病気です。虫歯とは違い、初期に痛みなどの自覚症状があまりありません。歯がグラグラしたり、歯並びが悪くなったりと、気づいた時にはすでに進行していることが多いのです。
症状は気がつかないうちに進行することが多く、自然に歯が抜けることもありますので、早めに歯科を受診をお薦めします。

ヘアサロンに通うように、歯の定期検診を習慣化できれば、将来的に健康な歯をいつまでも保てることができます。

予防歯科

今、予防歯科が見直されています。ブラッシングでは取り除くことができない細菌の塊である歯垢(プラーク)は、歯周病や虫歯の原因となります。特に歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の汚れは、なかなか自分では落とせません。
虫歯や歯周病にならないためにも、ご自分の歯を維持していくために定期的な予防歯科で口内環境を手に入れましょう。

虫歯予防
歯周病の改善
口臭予防
歯質強化
審美性の向上

スケーリング
– 3ヵ月に1度は歯周病の原因となる歯石を除去 –

スケーリング
歯石は歯ブラシのブラッシングでは取り除くことは難しく、放っておくと歯垢(プラーク)がつきやすくなり、虫歯や歯周病を招く結果となってしまいます。スケーリングは、歯石を超音波の振動を利用し、歯を傷つけることなく除去していきます。

PMTC
– 研磨ジェルを使って行うクリーニング –

PMTC
PMTCは、毎日のブラッシングに加え、セルフケアで十分にプラークコントロール出来ない部分をサポートします。
歯科医や歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使い行う歯面清掃(クリーニング)です。

小児歯科

小児歯科
子どもが進んで治療を受けらるように、お子さんにはまず歯科医院になれてもらうことから始まります。
安心して治療も検診も受けて頂くために丁寧に、優しく進めてまいります。